雲の如く

天荒を破り大業を成せ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << 第787回 | main | 第789回 >>

    第788回

    0

       

      ×14.722kmジョグ → ○12.557kmジョグ(P=○4:00→○3:50→×3:40)

       

      8:29.56    3:55.36
      8:25.83    3:53.64
      6:48.11    3:55.63
      8:05.69    3:44.34
      8:05.21    3:44.12
      8:08.16    3:45.48
      48:02.56    3:49.76

      合同練習だから普段自分じゃ絶対に設計しない

      距離指定、ペース指定のペースジョグ。

      あと一人じゃ絶対にやらない集団走。

       

      一昨日はとうとうジョグがままならない

      最悪な状況に突入したが、

      実質2日まるまる休みからのこのメニュー。

      できないわけがないと高を括っていた。

       

      3:40でジョグをしたことはないが、

      絶対に4:00を切ってはいけないゲームをしなければ

      3:45くらいは当たり前に出てくるんで

      4kmくらい3:40で走れないわけがない。

      なんせ、乳酸閾値レベルを大きく下回っているし。

       

      やってみたら大爆死。

      10.392kmまでが3:50だったがここまでは余裕。

      しかし、一緒に走っていたお友達の皆さんは

      余裕が有り余っていたようでガンガン上げていくんで、

      付いて行くことを躊躇ったら

      氷点下で日差しなしの環境で脚が止まり出して

      サヨウナラ。

       

      ダウンしていて気づいたことは

      左足の親指が靴擦れしていた。

      靴擦れなんてしばらくしてなかったなぁ

       

      後でわかったことだが、

      3:40がイージーの射程に入っているとしたら

      10000mは30:16くらいで走れるらしい。

      そういった意味で、

      トレーニング水準が下がっているから走れなかった

      というわけではないことが明らかになった。

       

      特殊なトラックで走ったため、

      走っている間にLAPをとってもざっくりとしたペースしか分からなかったわけだが、

      解析してみると3:44で4.33kmも走っていたんだなぁと。

      あの段階で大してあげなくても3:40には達していた可能性があると思って

      ほっとしている。

       

      イージーではなかったとしても

      乳酸閾値の遥か下、

      3:40くらいは涼しい顔で走れなくては困る。

      できていた可能性が見いだせただけまだマシ

       

      E | permalink | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする