雲の如く

天荒を破り大業を成せ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << 第789回 | main | 第791回 >>

    第790回

    0


      1000m*5(P=3:15.0,R=400m,×5本 → ○4本+400m)
       
      3:16.09    2:25.95
      3:15.37    2:27.95
      3:16.80    2:33.09
      3:19.31    2:55.90
      1:20.26    
      3:16.89    

      VDOT=62.06
       
      ぶっ殺すぞ
      VDOT三度陥落
       
      最大酸素量の改善と経済性の改善が両立しない
      (どころか負の相関すらある)ことがこれで身を持って分かったろ
       
      Iフェーズだと言っているのにIが8日振りな時点で支離滅裂。
      合同練習があるからって自分の方針を妥協するな
      他のお友達がやっているメニューをアレンジして実行するんじゃ生温い。
      合同練習には仲間の顔を見に行ってるだけ。
      合同練習だろうが合宿だろうが
      完全に自分の方針を維持できないようでは
      負の相関に阻まれて同じところを低空飛行し続けるぞ
       
      経済性の改善は11月の時点で現状の最大値を取っている
      頭打ちだから、最大酸素摂取量を改善していかないと先はない。
      お友達の皆さんは4,5月飛んで7月に結果が出るように
      スケジュールしているが俺は5月に記録を出す必要がないんで
      3,4月飛んで6,7月に記録が出るようにスケジュールしている。
      ざっくり1ヶ月ずれてトレーニングしているような状況なんで
      メニューは今後もずれ続けるんで心してかかれ
       
      他人と一緒にトレーニングするのは手段でしかない。
      それで結果に繋がらないなら、その手段は早々に放棄するべき。
      1年に及んで一人で勝手にやってVDOT=67が手が届くところまで
      行けたんだから、自分の方針を信じろ
       
       
      ところで、今日は気温3℃付近、日差しありで決して寒くはない
      1本目感覚は全然悪くないのにこんなもんかと落胆。
      そのまま走り続け、4本目、これまでと同じ感覚で走っているのに
      LAPを見るとこんなに遅くてがっかりした。
      5本目、とうとう感覚も悪く、これは行くべきではないと400mで撤退。
      まぁ10日-16日の週が完全にTのための1週になっていた時点で
      Iのトレーニングへの適応は消滅するわな
       
      後れを取っているんで
      しばらくTはサブウェポンからも排除。
      IとEの組み合わせで2月いっぱいトレーニング。
      3月上旬はその様子を見て、続行orTフェーズへの切り替え
      17日5000mレース、28日だったか29日だったかに10000mレース

      I | permalink | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする