雲の如く

天荒を破り大業を成せ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << 第790回 | main | 第792回 >>

    第791回

    0

       

      1000m*5(P=3:15.0,R=400m)

       

      3:12.52    2:32.14
      3:16.71    2:41.86
      3:14.14    3:05.86
      3:16.89    3:41.54
      3:21.92    
      3:15.06    

      VDOT=62.97

       

      もちろんVDOTは4本分。ズルではない。

      4本でもメニューとして成立する範疇だから

      よりよく走っているような錯覚を起こして明日も頑張ってください。

       

      また1本目は張り切りすぎている。

      走っていてちょっと速すぎるような気はしていた。

      1月30日にキレイに5本熟したときは

      レストもキレイだったが、今日はそっちもひどい。

      3:05は及第点だが、3:41も掛けてはダメ。

       

      溯るとレストこそ3:00だが、

      4本走ってAVERAGE3:10とかで走っている時期が

      半年前くらいに存在して

      死にたくなる。

       

      気温の上昇とともにトレーニング水準が上がるのは間違いないので

      信じて日々のトレーニングを熟してください。

       

      自分の回復サイクルを信じ、

      今日から2日に1回インターバルをすることになった。

      土曜のデータが今日とは全然違う、すばらしいものになるように。

       

      ところで、とっても呼吸したので最大酸素摂取量を高めるという意味では

      とってもとってもよいトレーニングができたことは疑いようがない

      ただし、体の前で走っているとの指摘を受けた。

      水平方向で体幹と同じ軸の上で手足が回転しないと

      力の無駄遣いじゃん

       

      もしかして寒くて遅くなるのって

      そういうことなのか?

      気温が下がると体の表面積を狭くして熱が逃げにくい体勢に

      反射が導き、結果、身体の前で手足を回転させている?

      自分でも若干走り方の癖が暖かい時期と違うことを感じていたところ。

      I | permalink | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする