雲の如く

天荒を破り大業を成せ
<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - |
    << 第795回 | main | 第797回 >>

    第796回

    0

       

      膝が痛い人は膝の受傷に関してのお勉強を続行中。

      膝の故障をテーマにした書籍を2件見つけて、

      自身の状態に照らし分析をするも、

      症状が完全に一致するものは見つからない。

      書籍のタイトルは控え忘れた。また今度。

       

      俺は今日まで靭帯が炎症しているものと考えていたが、

      疲労骨折の可能性を考慮するようになった。

      膝の受傷のうち、疲労骨折は初診で診断できることはまずなく、

      その他の受傷のつもりで治療・リハビリを行っても

      改善が見られないときはじめて疲労骨折を疑い始めるという。

      さらに、仮に俺が疲労骨折しているとして、

      5分以上の走行以外の方法では痛みが発生しないため、

      非常に軽微な初期状態である可能性が高く、

      これではレントゲンに映ることもない。

       

      靭帯は圧迫すれば痛みが出るはずだが、

      いかなる方法で圧迫しようとも痛みが出ることはない。

      靭帯を受傷した可能性はこの点でも低い。

       

      疲労骨折のつもりで以降の

      スケジュールは組んでいこう。

      痛みがなくなってから10日〜14日で

      トレーニングへの復帰は可能とのこと。

      そもそも走らなければ痛くない俺はどうすればいいんだ。

      次の月曜日に40分ジョグで復帰。

      できれば2部練とし、さらに30分ジョグ。

      月曜日は左回りの全面禁止。

      午前の段階で痛みが出るようなら

      午後走るのは禁止。

       

      問題は6日水曜から合宿に突入すること。

      月曜に復帰で来たらいいんだが、

      無理だったときに3日間をドブに捨てることとなる。

      メニュー自体は設定を低めにして走れば

      復帰向きのトレーニングになるかと。

      故障編 | permalink | comments(0) | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - |

        この記事に対するコメント

        コメントする